万葉集 第3巻 422番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻422番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 422番歌

第3巻
歌番号422番歌
作者丹生王
題詞((石田王卒之時丹生王作歌一首[并短歌])反歌)
原文石上 振乃山有 杉村乃 思過倍吉 君尓有名國
訓読石上布留の山なる杉群の思ひ過ぐべき君にあらなくに
かないそのかみ ふるのやまなる すぎむらの おもひすぐべき きみにあらなくに
英語(ローマ字)ISONOKAMI FURUNOYAMANARU SUGIMURANO OMOHISUGUBEKI KIMINIARANAKUNI
あの杉林のように大変素晴らしいあの方。そのお方をどうして忘れ去ることができましょう。
左注
校異
用語挽歌、石田王、作者:丹生王、枕詞、哀悼、悲嘆、悲別
タイトルとURLをコピーしました