万葉集 第3巻 436番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻436番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 436番歌

第3巻
歌番号436番歌
作者河辺宮人
題詞(和銅四年辛亥河邊宮人見姫嶋松原美人屍哀慟作歌四首)
原文人言之 繁比日 玉有者 手尓巻持而 不戀有益雄
訓読人言の繁きこのころ玉ならば手に巻き持ちて恋ひずあらましを
かなひとごとの しげきこのころ たまならば てにまきもちて こひずあらましを
英語(ローマ字)HITOGOTONO SHIGEKIKONOKORO TAMANARABA TENIMAKIMOCHITE KOHIZUARAMASHIWO
人の噂の激しいこのごろ、もしもあなたが玉ならば腕輪にして持ち歩き、恋わなくていいのに。
左注(右案 年紀并所處<及>娘子屍作<歌>人名已見上也 但<歌>辞相違是非難別 因以累載於茲次焉)
校異
用語挽歌、和銅4年、年紀、作者:河辺宮人、行路死人、大阪、地名
タイトルとURLをコピーしました