万葉集 第3巻 315番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻315番歌はこちらにまとめました。

第3巻 315番歌

第3巻
歌番号 315番歌
作者 大伴旅人
題詞 暮春之月幸芳野離宮時中納言大伴卿奉勅作歌一首[并短歌] [未逕奏上歌]
原文 見吉野之 芳野乃宮者 山可良志 貴有師 <水>可良思 清有師 天地与 長久 萬代尓 不改将有 行幸之<宮>
訓読 み吉野の 吉野の宮は 山からし 貴くあらし 川からし さやけくあらし 天地と 長く久しく 万代に 変はらずあらむ 幸しの宮
かな みよしのの よしののみやは やまからし たふとくあらし かはからし さやけくあらし あめつちと ながくひさしく よろづよに かはらずあらむ いでましのみや
英語(ローマ字) MIYOSHINONO YOSHINONOMIYAHA YAMAKARASHI TAFUTOKUARASHI KAHAKARASHI SAYAKEKUARASHI AMETSUCHITO NAGAKUHISASHIKU YORODUYONI KAHARAZUARAMU IDEMASHINOMIYA
み吉野の吉野の宮よ。山からして貴く、川からして清らか。天地と共に長く久しく 万代(よろづよ)に変わることはないだろう。大君が幸まされる宮は。
左注
校異 永 水 [類] / 處 宮 [類][紀]
用語 雑歌、作者:大伴旅人、吉野、宮廷讃美、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました