万葉集 第3巻 351番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻351番歌はこちらにまとめました。

第3巻 351番歌

第3巻
歌番号 351番歌
作者 沙弥満誓
題詞 沙弥満誓歌一首
原文 世間乎 何物尓将譬 <旦>開 榜去師船之 跡無如
訓読 世間を何に譬へむ朝開き漕ぎ去にし船の跡なきごとし
かな よのなかを なににたとへむ あさびらき こぎいにしふねの あとなきごとし
英語(ローマ字) YONONAKAWO NANINITATOHEMU ASABIRAKI KOGIINISHIFUNENO ATONAKIGOTOSHI
世の中を何にたとえたらよかろう。朝港が開かれて漕ぎ出した船の跡が跡形もなくなってしまうようなものです。
左注
校異 且 旦 [古][紀][矢]
用語 雑歌、作者:沙弥満誓、無常、太宰府、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました