万葉集 第3巻 312番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻312番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 312番歌

第3巻
歌番号312番歌
作者藤原宇合
題詞式部卿藤原宇合卿被使改造難波堵之時作歌一首
原文昔者社 難波居中跡 所言奚米 今者京引 都備仁鷄里
訓読昔こそ難波田舎と言はれけめ今は都引き都びにけり
かなむかしこそ なにはゐなかと いはれけめ いまはみやこひき みやこびにけり
英語(ローマ字)MUKASHIKOSO NANIHAゐNAKATO IHAREKEME IMAHAMIYAKOHIKI MIYAKOBINIKERI
(前期難波宮が廃れて)昔は田舎と言われた難波宮も今は改造され、今ではすっかり都らしくなってきた。
左注
校異歌 [西] 謌
用語雑歌、作者:藤原宇合、難波、大阪、地名
タイトルとURLをコピーしました