万葉集 第3巻 347番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻347番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 347番歌

第3巻
歌番号347番歌
作者大伴旅人
題詞(<大>宰帥大伴卿讃酒歌十三首)
原文世間之 遊道尓 <怜>者 酔泣為尓 可有良師
訓読世間の遊びの道に楽しきは酔ひ泣きするにあるべくあるらし
かなよのなかの あそびのみちに たのしきは ゑひなきするに あるべくあるらし
英語(ローマ字)YONONAKANO ASOBINOMICHINI TANOSHIKIHA ゑHINAKISURUNI ARUBEKUARURASHI
官人たちがたしなんでいる歌舞音曲や狩猟等に無関心な荒涼たる気分の自分には酔いつぶれて泣き崩れるしかないではないか。
左注
校異冷 怜 [玉の小琴] (塙) 冷
用語雑歌、作者:大伴旅人、讃酒、太宰府、奈良、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました