万葉集 第3巻 297番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻297番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 297番歌

第3巻
歌番号 297番歌
作者 田口益人
題詞 (田口益人大夫任上野國司時至駿河浄見埼作歌二首)
原文 晝見騰 不飽田兒浦 大王之 命恐 夜見鶴鴨
訓読 昼見れど飽かぬ田子の浦大君の命畏み夜見つるかも
かな ひるみれど あかぬたごのうら おほきみの みことかしこみ よるみつるかも
英語(ローマ字) HIRUMIREDO AKANUTAGONOURA OHOKIMINO MIKOTOKASHIKOMI YORUMITSURUKAMO
田子の浦は昼見ても飽きない絶景だが、官命のおかげで、こうして夜になっても見られるなんて感謝に堪えません。
左注
校異
用語 雑歌、作者:田口益人、羈旅、静岡、土地讃美、地名、大夫
タイトルとURLをコピーしました