万葉集 第3巻 251番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻251番歌はこちらにまとめました。

第3巻 251番歌

第3巻
歌番号 251番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂覊旅歌八首)
原文 粟路之 野嶋之前乃 濱風尓 妹之結 紐吹返
訓読 淡路の野島が崎の浜風に妹が結びし紐吹き返す
かな あはぢの のしまがさきの はまかぜに いもがむすびし ひもふきかへす
英語(ローマ字) AHADINO NOSHIMAGASAKINO HAMAKAZENI IMOGAMUSUBISHI HIMOFUKIKAHESU
淡路の野島が崎の浜風に妻が結んでくれた紐が吹かれている。
左注
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、望郷、兵庫、地名

解説

「妹が結びし紐」は出立に際し、妻が結んでくれた紐のこと。

タイトルとURLをコピーしました