万葉集 第3巻 252番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻252番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 252番歌

第3巻
歌番号 252番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂覊旅歌八首)
原文 荒栲 藤江之浦尓 鈴木釣 泉郎跡香将見 旅去吾乎
訓読 荒栲の藤江の浦に鱸釣る海人とか見らむ旅行く我れを
かな あらたへの ふぢえのうらに すずきつる あまとかみらむ たびゆくわれを
英語(ローマ字) ARATAHENO FUDIENOURANI SUZUKITSURU AMATOKAMIRAMU TABIYUKUWAREWO
藤江の浦で鱸(すずき)を釣っていると、旅人の私も海人(漁民)に見られることだろう。
左注 一本云 白栲乃 藤江能浦尓 伊射利為流
校異 泉 [西(左書)][類][細] 白水
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、霊触り、兵庫、異伝、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました