万葉集 第3巻 476番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻476番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 476番歌

第3巻
歌番号476番歌
作者大伴家持
題詞(十六年甲申春二月安積皇子薨之時内舎人大伴宿祢家持作歌六首)反歌
原文吾王 天所知牟登 不思者 於保尓曽見谿流 和豆香蘇麻山
訓読我が大君天知らさむと思はねばおほにぞ見ける和束杣山
かなわがおほきみ あめしらさむと おもはねば おほにぞみける わづかそまやま
英語(ローマ字)WAGAOHOKIMI AMESHIRASAMUTO OMOHANEBA OHONIZOMIKERU WADUKASOMAYAMA
お亡くなりになるとは思いもしなかったので余所の山と見ていただけの和束山だったのに。
左注(右三首二月三日作歌)
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語挽歌、作者:大伴家持、内舎人、安積皇子、京都、地名、天平16年2月3日、年紀
タイトルとURLをコピーしました