万葉集 第3巻 475番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻475番歌はこちらにまとめました。

第3巻 475番歌

第3巻
歌番号 475番歌
作者 大伴家持
題詞 十六年甲申春二月安積皇子薨之時内舎人大伴宿祢家持作歌六首
原文 <挂>巻母 綾尓恐之 言巻毛 齊忌志伎可物 吾王 御子乃命 萬代尓 食賜麻思 大日本 久邇乃京者 打靡 春去奴礼婆 山邊尓波 花咲乎為里 河湍尓波 年魚小狭走 弥日異 榮時尓 逆言之 狂言登加聞 白細尓 舎人装束而 和豆香山 御輿立之而 久堅乃 天所知奴礼 展轉 O打雖泣 将為須便毛奈思
訓読 かけまくも あやに畏し 言はまくも ゆゆしきかも 我が大君 皇子の命 万代に 見したまはまし 大日本 久迩の都は うち靡く 春さりぬれば 山辺には 花咲きををり 川瀬には 鮎子さ走り いや日異に 栄ゆる時に およづれの たはこととかも 白栲に 舎人よそひて 和束山 御輿立たして ひさかたの 天知らしぬれ 臥いまろび ひづち泣けども 為むすべもなし
かな かけまくも あやにかしこし いはまくも ゆゆしきかも わがおほきみ みこのみこと よろづよに めしたまはまし おほやまと くにのみやこは うちなびく はるさりぬれば やまへには はなさきををり かはせには あゆこさばしり いやひけに さかゆるときに およづれの たはこととかも しろたへに とねりよそひて わづかやま みこしたたして ひさかたの あめしらしぬれ こいまろび ひづちなけども せむすべもなし
英語(ローマ字) KAKEMAKUMO AYANIKASHIKOSHI IHAMAKUMO YUYUSHIKIKAMO WAGAOHOKIMI MIKONOMIKOTO YORODUYONI MESHITAMAHAMASHI OHOYAMATO KUNINOMIYAKOHA UCHINABIKU HARUSARINUREBA YAMAHENIHA HANASAKIWOWORI KAHASENIHA AYUKOSABASHIRI IYAHIKENI SAKAYURUTOKINI OYODURENO TAHAKOTOTOKAMO SHIROTAHENI TONERIYOSOHITE WADUKAYAMA MIKOSHITATASHITE HISAKATANO AMESHIRASHINURE KOIMAROBI HIDUCHINAKEDOMO SEMUSUBEMONASHI
心にかけるのも恐れ多く、言葉に出すのももったいない、我が大君(安積皇子)は万代にお治めになる筈だったこの大日本(やまと)の国の久迩(くに)の都。草木もうちなびく春ともなれば、山には花がたわわに咲き、川瀬には鮎が走り回る。日増しにいよいよ栄えていく折りも折り、そら言というのか、私たち舎人(とねり)は白装束に身を包み、和束山に御輿を立てて天界を支配されることになった皇子に対し、大地を転がり回り、涙を流して泣けど、何の術もありません。
左注 (右三首二月三日作歌)
校異 歌 [西] 謌 / 桂 挂 [矢(訂正消去)]
用語 挽歌、作者:大伴家持、内舎人、安積皇子、京都、地名、枕詞、天平16年2月3日、年紀
タイトルとURLをコピーしました