万葉集 第3巻 370番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻370番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 370番歌

第3巻
歌番号370番歌
作者阿倍広庭
題詞阿倍廣庭卿歌一首
原文雨不零 殿雲流夜之 潤濕跡 戀乍居寸 君待香光
訓読雨降らずとの曇る夜のぬるぬると恋ひつつ居りき君待ちがてり
かなあめふらず とのぐもるよの ぬるぬると こひつつをりき きみまちがてり
英語(ローマ字)AMEFURAZU TONOGUMORUYONO NURUNURUTO KOHITSUTSUWORIKI KIMIMACHIGATERI
雨が降りそうで降らない一面曇り空の夜。じとじとと恋いながらあなたを待ち続けています。
左注
校異
用語雑歌、作者:阿倍広庭、恋情、意味難解
タイトルとURLをコピーしました