万葉集 第3巻 366番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻366番歌はこちらにまとめました。

第3巻 366番歌

第3巻
歌番号 366番歌
作者 笠金村
題詞 角鹿津乗船時笠朝臣金村作歌一首[并短歌]
原文 越海之 角鹿乃濱従 大舟尓 真梶貫下 勇魚取 海路尓出而 阿倍寸管 我榜行者 大夫乃 手結我浦尓 海未通女 塩焼炎 草枕 客之有者 獨為而 見知師無美 綿津海乃 手二巻四而有 珠手次 懸而之努櫃 日本嶋根乎
訓読 越の海の 角鹿の浜ゆ 大船に 真楫貫き下ろし 鯨魚取り 海道に出でて 喘きつつ 我が漕ぎ行けば ますらをの 手結が浦に 海女娘子 塩焼く煙 草枕 旅にしあれば ひとりして 見る験なみ 海神の 手に巻かしたる 玉たすき 懸けて偲ひつ 大和島根を
かな こしのうみの つのがのはまゆ おほぶねに まかぢぬきおろし いさなとり うみぢにいでて あへきつつ わがこぎゆけば ますらをの たゆひがうらに あまをとめ しほやくけぶり くさまくら たびにしあれば ひとりして みるしるしなみ わたつみの てにまかしたる たまたすき かけてしのひつ やまとしまねを
英語(ローマ字) KOSHINOUMINO TSUNOGANOHAMAYU OHOBUNENI MAKADINUKIOROSHI ISANATORI UMIDINIIDETE AHEKITSUTSU WAGAKOGIYUKEBA MASURAWONO TAYUHIGAURANI AMAWOTOME SHIHOYAKUKEBURI KUSAMAKURA TABINISHIAREBA HITORISHITE MIRUSHIRUSHINAMI WATATSUMINO TENIMAKASHITARU TAMATASUKI KAKETESHINOHITSU YAMATOSHIMANEWO
筑紫の綿は着てみたことはないが暖かそうに見える
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 雑歌、作者:笠金村、敦賀、福井、羈旅、望郷、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました