万葉集 第3巻 367番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻367番歌はこちらにまとめました。

第3巻 367番歌

第3巻
歌番号 367番歌
作者 笠金村
題詞 (角鹿津乗船時笠朝臣金村作歌一首[并短歌])反歌
原文 越海乃 手結之浦<矣> 客為而 見者乏見 日本思櫃
訓読 越の海の手結が浦を旅にして見れば羨しみ大和偲ひつ
かな こしのうみの たゆひがうらを たびにして みればともしみ やまとしのひつ
英語(ローマ字) KOSHINOUMINO TAYUHIGAURAWO TABINISHITE MIREBATOMOSHIMI YAMATOSHINOHITSU
越の海の手結が浦を旅にあって見ていると、(一人では)もったいないほどの絶景だ。ああ故郷大和の彼女と見られたらなあ。
左注
校異 原字不明 矣 [西(訂正)]
用語 雑歌、作者:笠金村、敦賀、福井、羈旅、望郷、地名
タイトルとURLをコピーしました