万葉集 第3巻 463番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻463番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 463番歌

第3巻
歌番号463番歌
作者大伴書持
題詞(十一年己卯夏六月大伴宿祢家持悲傷亡妾作歌一首)弟大伴宿祢書持即和歌一首
原文長夜乎 獨哉将宿跡 君之云者 過去人之 所念久尓
訓読長き夜をひとりや寝むと君が言へば過ぎにし人の思ほゆらくに
かなながきよを ひとりやねむと きみがいへば すぎにしひとの おもほゆらくに
英語(ローマ字)NAGAKIYOWO HITORIYANEMUTO KIMIGAIHEBA SUGINISHIHITONO OMOHOYURAKUNI
長い夜をひとりで寝なければならないとお兄さんがいうのを聞くと、お姉さんのことがあらためて思い出されます。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語挽歌、作者:大伴書持、大伴家持、亡妻挽歌、天平11年6月、年紀
タイトルとURLをコピーしました