万葉集 第3巻 364番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻364番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 364番歌

第3巻
歌番号364番歌
作者笠金村
題詞笠朝臣金村塩津山作歌二首
原文大夫之 弓上振起 射都流矢乎 後将見人者 語継金
訓読ますらをの弓末振り起し射つる矢を後見む人は語り継ぐがね
かなますらをの ゆずゑふりおこし いつるやを のちみむひとは かたりつぐがね
英語(ローマ字)MASURAWONO YUZUゑFURIOKOSHI ITSURUYAWO NOCHIMIMUHITOHA KATARITSUGUGANE
ますらをが弓末(ゆずゑ)を振り起し、射かけた矢の見事さは後の世の人が語り継いでいくだろう。
左注
校異
用語雑歌、作者:笠金村、滋賀県、羈旅、地名
スポンサーリンク

解説

「ますらを」は男性に対する褒め言葉で「勇ましい男」という意味。「語り継ぐがね」は「語り継いでいくだろう。」という意味。当時、山中で国境越えをする際に大きな神木に矢を射る風習があった。

タイトルとURLをコピーしました