万葉集 第3巻 309番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻309番歌はこちらにまとめました。

第3巻 309番歌

第3巻
歌番号 309番歌
作者 博通法師
題詞 (博通法師徃紀伊國見三穂石室作歌三首)
原文 石室戸尓 立在松樹 汝乎見者 昔人乎 相見如之
訓読 石室戸に立てる松の木汝を見れば昔の人を相見るごとし
かな いはやとに たてるまつのき なをみれば むかしのひとを あひみるごとし
英語(ローマ字) IHAYATONI TATERUMATSUNOKI NAWOMIREBA MUKASHINOHITOWO AHIMIRUGOTOSHI
石室(いわや)の戸口に立っている松の木よ。お前を見ていると、昔の人に逢っているような気がする。
左注
校異
用語 雑歌、作者:博通法師、羈旅、和歌山、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました