万葉集 第3巻 308番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻308番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 308番歌

第3巻
歌番号308番歌
作者博通法師
題詞(博通法師徃紀伊國見三穂石室作歌三首)
原文常磐成 石室者今毛 安里家礼騰 住家類人曽 常無里家留
訓読常磐なす石室は今もありけれど住みける人ぞ常なかりける
かなときはなす いはやはいまも ありけれど すみけるひとぞ つねなかりける
英語(ローマ字)TOKIHANASU IHAYAHAIMAMO ARIKEREDO SUMIKERUHITOZO TSUNENAKARIKERU
石室(いわや)は今も昔に変わらず存在しつづけているが、私どもこの世に住んでいる人間界は無常であることよ。
左注
校異
用語雑歌、作者:博通法師、羈旅、和歌山、地名
タイトルとURLをコピーしました