万葉集 第3巻 372番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻372番歌はこちらにまとめました。

第3巻 372番歌

第3巻
歌番号 372番歌
作者 山部赤人
題詞 山部宿祢赤人登春日野作歌一首[并短歌]
原文 春日乎 春日山乃 高座之 御笠乃山尓 朝不離 雲居多奈引 容鳥能 間無數鳴 雲居奈須 心射左欲比 其鳥乃 片戀耳二 晝者毛 日之盡 夜者毛 夜之盡 立而居而 念曽吾為流 不相兒故荷
訓読 春日を 春日の山の 高座の 御笠の山に 朝さらず 雲居たなびき 貌鳥の 間なくしば鳴く 雲居なす 心いさよひ その鳥の 片恋のみに 昼はも 日のことごと 夜はも 夜のことごと 立ちて居て 思ひぞ我がする 逢はぬ子故に
かな はるひを かすがのやまの たかくらの みかさのやまに あささらず くもゐたなびき かほどりの まなくしばなく くもゐなす こころいさよひ そのとりの かたこひのみに ひるはも ひのことごと よるはも よのことごと たちてゐて おもひぞわがする あはぬこゆゑに
英語(ローマ字) HARUHIWO KASUGANOYAMANO TAKAKURANO MIKASANOYAMANI ASASARAZU KUMOゐTANABIKI KAHODORINO MANAKUSHIBANAKU KUMOゐNASU KOKOROISAYOHI SONOTORINO KATAKOHINOMINI HIRUHAMO HINOKOTOGOTO YORUHAMO YONOKOTOGOTO TACHITEゐTE OMOHIZOWAGASURU AHANUKOYUゑNI
春日を受けた春日の山の御笠の山の頂きには毎朝雲がたなびいている。カッコウがしきりに鳴いている。雲がかかったように心が晴れやらず、カッコウ鳥のように片恋に泣き、昼は一日中、夜は一晩中、立ったり座ったり、思い焦がれている。逢ってくれようとしないあの子故に。
左注
校異 短歌 [西] 短謌
用語 雑歌、作者:山部赤人、春日野、奈良、野遊び、動物、地名、恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました