万葉集 第3巻 417番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻417番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 417番歌

第3巻
歌番号 417番歌
作者 手持女王
題詞 河内王葬豊前國鏡山之時手持女王作歌三首
原文 王之 親魄相哉 豊國乃 鏡山乎 宮登定流
訓読 大君の和魂あへや豊国の鏡の山を宮と定むる
かな おほきみの にきたまあへや とよくにの かがみのやまを みやとさだむる
英語(ローマ字) OHOKIMINO NIKITAMAAHEYA TOYOKUNINO KAGAMINOYAMAWO MIYATOSADAMURU
大君(あなた様)の慣れ親しんだ魂にお会いできるのでしょうか。遠く離れた豊前国の鏡山が墓所と決められて。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 挽歌、河内王、作者:手持女王、福岡県、地名
スポンサーリンク

解説

題詞は「河内王を豊前国の鏡山に葬りし時に手持女王が作った歌3首」という意味。

「豊前国(ぶぜんのくに)」は福岡県と大分県にまたがる律令国の1つ。「鏡山」は福岡県田川郡香春町大字鏡山のこと。(この場所に宮内庁が陵墓参考地に治定した河内王陵がある。形状が6世紀後半の円墳のため、本歌の河内王の墓かどうかは疑わしいとも言われている。)

河内王は複数いるが、太宰府の長官に任ぜられていた人物(長親王の息子)と考えられている。手持女王は河内王に愛された女性。

「大君の親魂逢へや」は「慣れ親しんだあなた様の魂にお会いできるのでしょうか」という反語表現。「宮と定むる」は「墓所と決めた」という意味。

タイトルとURLをコピーしました