万葉集 第3巻 418番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻418番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 418番歌

第3巻
歌番号 418番歌
作者 手持女王
題詞 (河内王葬豊前國鏡山之時手持女王作歌三首)
原文 豊國乃 鏡山之 石戸立 隠尓計良思 雖待不来座
訓読 豊国の鏡の山の岩戸立て隠りにけらし待てど来まさず
かな とよくにの かがみのやまの いはとたて こもりにけらし まてどきまさず
英語(ローマ字) TOYOKUNINO KAGAMINOYAMANO IHATOTATE KOMORINIKERASHI MATEDOKIMASAZU
豊国の鏡の山の岩戸の中に立てこもっていらっしゃるようだ。ここ大和で待っても待ってもいらっしゃらない。
左注
校異
用語 挽歌、河内王、作者:手持女王、福岡県、地名
スポンサーリンク

解説

題詞は417番歌から。

本歌は、「天照大神が岩戸に隠れて世の中が闇に包まれた」という神話を比喩的な表現で詠っていると解釈できる。「もしこれが神話なら、貴方様にお会いできるはずなのに。」という愛しい人ともう会えない悲しみを否定しているようである。

タイトルとURLをコピーしました