万葉集 第3巻 400番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻400番歌はこちらにまとめました。

第3巻 400番歌

第3巻
歌番号 400番歌
作者 大伴駿河麻呂
題詞 大伴宿祢駿河麻呂梅歌一首
原文 梅花 開而落去登 人者雖云 吾標結之 枝将有八方
訓読 梅の花咲きて散りぬと人は言へど我が標結ひし枝にあらめやも
かな うめのはな さきてちりぬと ひとはいへど わがしめゆひし えだにあらめやも
英語(ローマ字) UMENOHANA SAKITECHIRINUTO HITOHAIHEDO WAGASHIMEYUHISHI EDANIARAMEYAMO
梅の花が咲いて散ったと人は言うけれど、まさか私が目星をつけた枝(その子)のことではあるまいな。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 譬喩歌、作者:大伴駿河麻呂、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました