万葉集 第3巻 423番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻423番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 423番歌

第3巻
歌番号423番歌
作者柿本人麻呂(山前王、柿本人麻呂)
題詞同石田王卒之時山前王哀傷作歌一首
原文角障經 石村之道乎 朝不離 将歸人乃 念乍 通計萬<口>波 霍公鳥 鳴五月者 菖蒲 花橘乎 玉尓貫 [一云 貫交] 蘰尓将為登 九月能 四具礼能時者 黄葉乎 折挿頭跡 延葛乃 弥遠永 [一云 田葛根乃 弥遠長尓] 萬世尓 不絶等念而 [一云 大舟之 念憑而] 将通 君乎婆明日従 [一云 君乎従明日<者>] 外尓可聞見牟
訓読つのさはふ 磐余の道を 朝さらず 行きけむ人の 思ひつつ 通ひけまくは 霍公鳥 鳴く五月には あやめぐさ 花橘を 玉に貫き [一云 貫き交へ] かづらにせむと 九月の しぐれの時は 黄葉を 折りかざさむと 延ふ葛の いや遠長く [一云 葛の根の いや遠長に] 万代に 絶えじと思ひて [一云 大船の 思ひたのみて] 通ひけむ 君をば明日ゆ [一云 君を明日ゆは] 外にかも見む
かなつのさはふ いはれのみちを あささらず ゆきけむひとの おもひつつ かよひけまくは ほととぎす なくさつきには あやめぐさ はなたちばなを たまにぬき [ぬきまじへ] かづらにせむと ながつきの しぐれのときは もみちばを をりかざさむと はふくずの いやとほながく [くずのねの いやとほながに] よろづよに たえじとおもひて [おほぶねの おもひたのみて] かよひけむ きみをばあすゆ [きみをあすゆは] よそにかもみむ
英語(ローマ字)TSUNOSAHAFU IHARENOMICHIWO ASASARAZU YUKIKEMUHITONO OMOHITSUTSU KAYOHIKEMAKUHA HOTOTOGISU NAKUSATSUKINIHA AYAMEGUSA HANATACHIBANAWO TAMANINUKI [NUKIMAJIHE] KADURANISEMUTO NAGATSUKINO SHIGURENOTOKIHA MOMICHIBAWO WORIKAZASAMUTO HAFUKUZUNO IYATOHONAGAKU [KUZUNONENO IYATOHONAGANI] YORODUYONI TAEJITOOMOHITE [OHOBUNENO OMOHITANOMITE] KAYOHIKEMU KIMIWOBAASUYU [KIMIWOASUYUHA] YOSONIKAMOMIMU
磐余の道を毎朝行かれて、あの方が通う道すがら思われたことは、ホトトギスの鳴き声。その五月にはあやめ草。そして花橘を玉のようにひもに貫き(一云、こもごも貫き)、髪飾りにしようと。また九月のしぐれの季節には黄葉を折り取って髪にさそうと。そして這う葛のようにますます末長く(一云、葛の根のようにますます末長く)、いついつまでも親しい友と思って(一云、大船のように頼りにして)通ってきたのに。その君を明日からは(一云、明日から君を)あの世の人とみなければならぬのか。
左注右一首或云柿本朝臣人麻呂作
校異歌 [西] 謌 / 石 口 [類][古] / 香 者 [類][古][紀]
用語挽歌、石田王、作者:山前王:柿本人麻呂、異伝、枕詞、桜井、地名、代作
タイトルとURLをコピーしました