万葉集 第3巻 461番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻461番歌はこちらにまとめました。

第3巻 461番歌

第3巻
歌番号 461番歌
作者 坂上郎女
題詞 (七年乙亥大伴坂上郎女悲嘆尼理願死去作歌一首[并短歌])反歌
原文 留不得 壽尓之在者 敷細乃 家従者出而 雲隠去寸
訓読 留めえぬ命にしあれば敷栲の家ゆは出でて雲隠りにき
かな とどめえぬ いのちにしあれば しきたへの いへゆはいでて くもがくりにき
英語(ローマ字) TODOMEENU INOCHINISHIAREBA SHIKITAHENO IHEYUHAIDETE KUMOGAKURINIKI
死は免れないことゆえ、住み慣れた家から旅立って雲の向こうにお隠れになった。
左注 右新羅國尼名曰理願也 遠感王徳歸化聖 於時寄住大納言大将軍大伴卿家既 逕數紀焉 惟以天平七年乙亥忽沈運病既<趣>泉界 於是大家石川命婦 依餌藥事 徃有間温泉而不會此喪 但郎女獨留葬送屍柩既訖 仍作此歌贈入温泉
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 趣 [西(右書)][類][温] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 挽歌、作者:坂上郎女、理願、枕詞、天平7年、年紀
タイトルとURLをコピーしました