万葉集 第3巻 397番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻397番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 397番歌

第3巻
歌番号397番歌
作者笠郎女
題詞(笠女郎贈大伴宿祢家持歌三首)
原文奥山之 磐本菅乎 根深目手 結之情 忘不得裳
訓読奥山の岩本菅を根深めて結びし心忘れかねつも
かなおくやまの いはもとすげを ねふかめて むすびしこころ わすれかねつも
英語(ローマ字)OKUYAMANO IHAMOTOSUGEWO NEFUKAMETE MUSUBISHIKOKORO WASUREKANETSUMO
山奥の岩に根深く生えている菅草のように固く契り合ったあなたを忘れられようか。
左注
校異
用語譬喩歌、作者:笠郎女、大伴家持、恋愛、植物、序詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました