万葉集 第3巻 396番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻396番歌はこちらにまとめました。

第3巻 396番歌

第3巻
歌番号 396番歌
作者 笠郎女
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌三首)
原文 陸奥之 真野乃草原 雖遠 面影為而 所見云物乎
訓読 陸奥の真野の草原遠けども面影にして見ゆといふものを
かな みちのくの まののかやはら とほけども おもかげにして みゆといふものを
英語(ローマ字) MICHINOKUNO MANONOKAYAHARA TOHOKEDOMO OMOKAGENISHITE MIYUTOIFUMONOWO
陸奥(みちのく)の真野の草原は遠い異国。でも面影には現れるというではありませんか。
左注
校異
用語 譬喩歌、作者:笠郎女、大伴家持、恋愛、地名、贈答
タイトルとURLをコピーしました