万葉集 第3巻 396番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻396番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 396番歌

第3巻
歌番号396番歌
作者笠郎女
題詞(笠女郎贈大伴宿祢家持歌三首)
原文陸奥之 真野乃草原 雖遠 面影為而 所見云物乎
訓読陸奥の真野の草原遠けども面影にして見ゆといふものを
かなみちのくの まののかやはら とほけども おもかげにして みゆといふものを
英語(ローマ字)MICHINOKUNO MANONOKAYAHARA TOHOKEDOMO OMOKAGENISHITE MIYUTOIFUMONOWO
陸奥(みちのく)の真野の草原は遠い異国。でも面影には現れるというではありませんか。
左注
校異
用語譬喩歌、作者:笠郎女、大伴家持、恋愛、地名、贈答
タイトルとURLをコピーしました