万葉集 第3巻 446番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻446番歌はこちらにまとめました。

第3巻 446番歌

第3巻
歌番号 446番歌
作者 大伴旅人
題詞 天平二年庚午冬十二月大宰帥<大>伴卿向京上道之時作歌五首
原文 吾妹子之 見師鞆浦之 天木香樹者 常世有跡 見之人曽奈吉
訓読 我妹子が見し鞆の浦のむろの木は常世にあれど見し人ぞなき
かな わぎもこが みしとものうらの むろのきは とこよにあれど みしひとぞなき
英語(ローマ字) WAGIMOKOGA MISHITOMONOURANO MURONOKIHA TOKOYONIAREDO MISHIHITOZONAKI
太宰府に赴任してくるとき妻と共に見た鞆(とも)の浦のネズの木は今も立っている。その妻は今は亡き人となっている。
左注 (右三首過鞆浦日作歌)
校異 太 大 [類][紀] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 挽歌、作者:大伴旅人、亡妻挽歌、岡山、地名、天平2年12月、年紀
タイトルとURLをコピーしました