万葉集 第3巻 445番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻445番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 445番歌

第3巻
歌番号445番歌
作者大伴三中
題詞((天平元年己巳攝津國班田史生丈部龍麻呂自經死之時判官大伴宿祢三中作歌一首[并短歌])反歌)
原文何時然跡 待牟妹尓 玉梓乃 事太尓不告 徃公鴨
訓読いつしかと待つらむ妹に玉梓の言だに告げず去にし君かも
かないつしかと まつらむいもに たまづさの ことだにつげず いにしきみかも
英語(ローマ字)ITSUSHIKATO MATSURAMUIMONI TAMADUSANO KOTODANITSUGEZU INISHIKIMIKAMO
いつか帰ってくるだろうと、待っている妻に、使いに辞世の言葉も託さずあの世にいってしまった君は。
左注
校異
用語挽歌、作者:大伴三中、丈部龍麻呂、大阪、地名、枕詞、天平1年、年紀
タイトルとURLをコピーしました