万葉集 第3巻 317番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻317番歌はこちらにまとめました。

第3巻 317番歌

第3巻
歌番号 317番歌
作者 山部赤人
題詞 山部宿祢赤人望不盡山歌一首[并短歌]
原文 天地之 分時従 神左備手 高貴寸 駿河有 布士能高嶺乎 天原 振放見者 度日之 陰毛隠比 照月乃 光毛不見 白雲母 伊去波伐加利 時自久曽 雪者落家留 語告 言継将徃 不盡能高嶺者
訓読 天地の 別れし時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 富士の高嶺を 天の原 振り放け見れば 渡る日の 影も隠らひ 照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくぞ 雪は降りける 語り継ぎ 言ひ継ぎ行かむ 富士の高嶺は
かな あめつちの わかれしときゆ かむさびて たかくたふとき するがなる ふじのたかねを あまのはら ふりさけみれば わたるひの かげもかくらひ てるつきの ひかりもみえず しらくもも いゆきはばかり ときじくぞ ゆきはふりける かたりつぎ いひつぎゆかむ ふじのたかねは
英語(ローマ字) AMETSUCHINO WAKARESHITOKIYU KAMUSABITE TAKAKUTAFUTOKI SURUGANARU FUJINOTAKANEWO AMANOHARA FURISAKEMIREBA WATARUHINO KAGEMOKAKURAHI TERUTSUKINO HIKARIMOMIEZU SHIRAKUMOMO IYUKIHABAKARI TOKIJIKUZO YUKIHAFURIKERU KATARITSUGI IHITSUGIYUKAMU FUJINOTAKANEHA
世界が天地が別れた時から神々しく、高く貴い駿河(静岡県)の富士の高値を遙か遠くから振り仰いで見ると、空を渡る太陽も隠れ、照る月の光も見えない。白雲も行く手を阻まれ、時となく雪は降り続いている。この富士の高嶺を後世に語り継ぎ 言ひ継いで行こうではないか。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 短歌 [西] 短謌
用語 雑歌、作者:山部赤人、富士山、静岡、地名、土地讃美、羈旅
タイトルとURLをコピーしました