万葉集 第3巻 441番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻441番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 441番歌

第3巻
歌番号441番歌
作者倉橋部女王
題詞神龜六年己巳左大臣長屋王賜死之後倉橋部女王作歌一首
原文大皇之 命恐 大荒城乃 時尓波不有跡 雲隠座
訓読大君の命畏み大殯の時にはあらねど雲隠ります
かなおほきみの みことかしこみ おほあらきの ときにはあらねど くもがくります
英語(ローマ字)OHOKIMINO MIKOTOKASHIKOMI OHOARAKINO TOKINIHAARANEDO KUMOGAKURIMASU
天皇の命令を受けて葬儀の時でもないのに雲の向こうにお隠れになった。
左注
校異歌 [西] 謌 / 大 [紀] 天
用語挽歌、作者:倉橋部女王、長屋王、神龜6年、年紀
タイトルとURLをコピーしました