万葉集 第3巻 253番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻253番歌はこちらにまとめました。

第3巻 253番歌

第3巻
歌番号 253番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂覊旅歌八首)
原文 稲日野毛 去過勝尓 思有者 心戀敷 可古能嶋所見 [一云 湖見]
訓読 稲日野も行き過ぎかてに思へれば心恋しき加古の島見ゆ [一云 水門見ゆ]
かな いなびのも ゆきすぎかてに おもへれば こころこほしき かこのしまみゆ [みなとみゆ]
英語(ローマ字) INABINOMO YUKISUGIKATENI OMOHEREBA KOKOROKOHOSHIKI KAKONOSHIMAMIYU [MINATOMIYU]
稲日野も過ぎ去りがたく思われ、あの懐かしい加古の島が見える。
左注
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、土地讃美、異伝、兵庫、地名
タイトルとURLをコピーしました