万葉集 第3巻 239番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻239番歌はこちらにまとめました。

第3巻 239番歌

第3巻
歌番号 239番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 長皇子遊猟路池之時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌]
原文 八隅知之 吾大王 高光 吾日乃皇子乃 馬並而 三猟立流 弱薦乎 猟路乃小野尓 十六社者 伊波比拝目 鶉己曽 伊波比廻礼 四時自物 伊波比拝 鶉成 伊波比毛等保理 恐等 仕奉而 久堅乃 天見如久 真十鏡 仰而雖見 春草之 益目頬四寸 吾於富吉美可聞
訓読 やすみしし 我が大君 高照らす 我が日の御子の 馬並めて 御狩り立たせる 若薦を 狩路の小野に 獣こそば い匍ひ拝め 鶉こそ い匍ひ廻れ 獣じもの い匍ひ拝み 鶉なす い匍ひ廻り 畏みと 仕へまつりて ひさかたの 天見るごとく まそ鏡 仰ぎて見れど 春草の いやめづらしき 我が大君かも
かな やすみしし わがおほきみ たかてらす わがひのみこの うまなめて みかりたたせる わかこもを かりぢのをのに ししこそば いはひをろがめ うづらこそ いはひもとほれ ししじもの いはひをろがみ うづらなす いはひもとほり かしこみと つかへまつりて ひさかたの あめみるごとく まそかがみ あふぎてみれど はるくさの いやめづらしき わがおほきみかも
英語(ローマ字) YASUMISHISHI WAGAOHOKIMI TAKATERASU WAGAHINOMIKONO UMANAMETE MIKARITATASERU WAKAKOMOWO KARIDINOWONONI SHISHIKOSOBA IHAHIWOROGAME UDURAKOSO IHAHIMOTOHORE SHISHIJIMONO IHAHIWOROGAMI UDURANASU IHAHIMOTOHORI KASHIKOMITO TSUKAHEMATSURITE HISAKATANO AMEMIRUGOTOKU MASOKAGAMI AFUGITEMIREDO HARUKUSANO IYAMEDURASHIKI WAGAOHOKIMIKAMO
われらが大君、皇子さま、高々と光り輝く日の神の御子、馬を勢揃いして狩り場に立っておられる。その狩路の小野に鹿や猪は這いつくばって崇め、鶉(うずら)は這い回る。そんな獣たちのように、這いつくばって崇め、鶉(うずら)のように這い回る。恐れながらそのように皇子にお仕え申す。天を仰ぎ見るように見れば、春草のように、本当にういういしく、お慕わしい大君でいらっしゃいます。
左注
校異 短歌 [西] 短謌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、長皇子、猟、大君讃美、枕詞
タイトルとURLをコピーしました