万葉集 第3巻 238番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻238番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 238番歌

第3巻
歌番号 238番歌
作者 長意吉麻呂
題詞 長忌寸意吉麻呂應詔歌一首
原文 大宮之 内二手所聞 網引為跡 網子調流 海人之呼聲
訓読 大宮の内まで聞こゆ網引すと網子ととのふる海人の呼び声
かな おほみやの うちまできこゆ あびきすと あごととのふる あまのよびこゑ
英語(ローマ字) OHOMIYANO UCHIMADEKIKOYU ABIKISUTO AGOTOTONOFURU AMANOYOBIKOゑ
大君のおられる大宮まで聞こえる。網引(あびき)をしようと網子たちをととのえる海人(あま)の威勢のいいかけ声が。
左注 右一首
校異
用語 雑歌、作者:長意吉麻呂、大阪、地名、応詔
タイトルとURLをコピーしました