万葉集 第3巻 402番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻402番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 402番歌

第3巻
歌番号402番歌
作者坂上郎女
題詞(大伴坂上郎女宴親族之日吟歌一首)大伴宿祢駿河麻呂即和歌一首
原文山主者 盖雖有 吾妹子之 将結標乎 人将解八方
訓読山守はけだしありとも我妹子が結ひけむ標を人解かめやも
かなやまもりは けだしありとも わぎもこが ゆひけむしめを ひととかめやも
英語(ローマ字)YAMAMORIHA KEDASHIARITOMO WAGIMOKOGA YUHIKEMUSHIMEWO HITOTOKAMEYAMO
たとえ山番があったところで、あなた様が結んだ標縄だもの、誰が解くというのでしょう。
左注
校異
用語譬喩歌、作者:坂上郎女、宴席、誦詠
タイトルとURLをコピーしました