万葉集 第3巻 403番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻403番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 403番歌

第3巻
歌番号403番歌
作者大伴家持
題詞大伴宿祢家持贈同坂上家之大嬢歌一首
原文朝尓食尓 欲見 其玉乎 如何為鴨 従手不離有牟
訓読朝に日に見まく欲りするその玉をいかにせばかも手ゆ離れずあらむ
かなあさにけに みまくほりする そのたまを いかにせばかも てゆかれずあらむ
英語(ローマ字)ASANIKENI MIMAKUHORISURU SONOTAMAWO IKANISEBAKAMO TEYUKAREZUARAMU
朝も昼も眺めていたいその玉をどのようにしたら我が手中から離れないようにできるのでしょう。
左注
校異
用語譬喩歌、作者:大伴家持、坂上大嬢、恋愛、贈答
タイトルとURLをコピーしました