万葉集 第3巻 314番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻314番歌はこちらにまとめました。

第3巻 314番歌

第3巻
歌番号 314番歌
作者 波多小足
題詞 波多朝臣<小>足歌一首
原文 小浪 礒越道有 能登湍河 音之清左 多藝通瀬毎尓
訓読 さざれ波礒越道なる能登瀬川音のさやけさたぎつ瀬ごとに
かな さざれなみ いそこしぢなる のとせがは おとのさやけさ たぎつせごとに
英語(ローマ字) SAZARENAMI ISOKOSHIDINARU NOTOSEGAHA OTONOSAYAKESA TAGITSUSEGOTONI
さざ波が磯を越してくる越道(こしじ)の能登瀬川。どのたぎりたつ瀬の音も清々しい。
左注
校異 少 小 [類][古][温]
用語 雑歌、作者:波多小足、能登瀬川、滋賀県、羈旅、土地讃美、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました