万葉集 第3巻 270番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻270番歌はこちらにまとめました。

第3巻 270番歌

第3巻
歌番号 270番歌
作者 高市黒人
題詞 高市連黒人覊旅歌八首
原文 客為而 物戀敷尓 山下 赤乃曽<保><船> 奥榜所見
訓読 旅にしてもの恋しきに山下の赤のそほ船沖を漕ぐ見ゆ
かな たびにして ものこほしきに やましたの あけのそほふね おきをこぐみゆ
英語(ローマ字) TABINISHITE MONOKOHOSHIKINI YAMASHITANO AKENOSOHOFUNE OKIWOKOGUMIYU
旅にあって、なんとも物寂しく人恋しくて山下を眺めると、真っ赤な色をした船が沖を漕いでいくのが見える。
左注
校異 Y 保 [西(右書)][類][紀] / U 船 [類][紀][細]
用語 雑歌、作者:高市黒人、羈旅、望郷
タイトルとURLをコピーしました