万葉集 第3巻 408番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻408番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 408番歌

第3巻
歌番号408番歌
作者大伴家持
題詞大伴宿祢家持贈同坂上家之大嬢歌一首
原文石竹之 其花尓毛我 朝旦 手取持而 不戀日将無
訓読なでしこがその花にもが朝な朝な手に取り持ちて恋ひぬ日なけむ
かななでしこが そのはなにもが あさなさな てにとりもちて こひぬひなけむ
英語(ローマ字)NADESHIKOGA SONOHANANIMOGA ASANASANA TENITORIMOCHITE KOHINUHINAKEMU
あなたがなでしこの花なら毎朝毎朝手にとって愛(め)でない日はありませんのに。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語譬喩歌、作者:大伴家持、坂上大嬢、恋愛、植物、贈答、恋情
タイトルとURLをコピーしました