万葉集 第3巻 246番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻246番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 246番歌

第3巻
歌番号 246番歌
作者 長田王
題詞 (長田王被遣筑紫渡水嶋之時歌二首)
原文 葦北乃 野坂乃浦従 船出為而 水嶋尓将去 浪立莫勤
訓読 芦北の野坂の浦ゆ船出して水島に行かむ波立つなゆめ
かな あしきたの のさかのうらゆ ふなでして みづしまにゆかむ なみたつなゆめ
英語(ローマ字) ASHIKITANO NOSAKANOURAYU FUNADESHITE MIDUSHIMANIYUKAMU NAMITATSUNAYUME
芦北の野坂の浦から船出して水島に行こうと思う。ゆめゆめ波立つなよ。
左注
校異
用語 雑歌、作者:長田王、羈旅、水俣、熊本、地名
タイトルとURLをコピーしました