万葉集 第3巻 247番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻247番歌はこちらにまとめました。

第3巻 247番歌

第3巻
歌番号 247番歌
作者 石川大夫(宮麻呂)
題詞 石川大夫和歌一首 [名闕]
原文 奥浪 邊波雖立 和我世故我 三船乃登麻里 瀾立目八方
訓読 沖つ波辺波立つとも我が背子が御船の泊り波立ためやも
かな おきつなみ へなみたつとも わがせこが みふねのとまり なみたためやも
英語(ローマ字) OKITSUNAMI HENAMITATSUTOMO WAGASEKOGA MIFUNENOTOMARI NAMITATAMEYAMO
沖の波や岸辺に打ち寄せる波は立とうとも、わが主君の御船が停泊する港に波立つことなどありましょうか。
左注 右今案 従四位下石川宮麻呂朝臣 慶雲年中任大貳 又正五位下石川朝臣吉美侯 神龜年中任小貳 不知兩人誰作此歌焉
校異 歌 [西] 謌
用語 雑歌、作者:石川大夫(宮麻呂:君子)、長田王、羈旅、和歌
タイトルとURLをコピーしました