万葉集 第3巻 248番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻248番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 248番歌

第3巻
歌番号 248番歌
作者 長田王
題詞 又長田王作歌一首
原文 隼人乃 薩麻乃迫門乎 雲居奈須 遠毛吾者 今日見鶴鴨
訓読 隼人の薩摩の瀬戸を雲居なす遠くも我れは今日見つるかも
かな はやひとの さつまのせとを くもゐなす とほくもわれは けふみつるかも
英語(ローマ字) HAYAHITONO SATSUMANOSETOWO KUMOゐNASU TOHOKUMOWAREHA KEFUMITSURUKAMO
隼人(はやと)の国薩摩の瀬戸水道に雲がかっている。遙か遠くだが私は今目にしている。
左注
校異
用語 雑歌、作者:長田王、羈旅、黒瀬戸、鹿児島、地名
タイトルとURLをコピーしました