万葉集 第3巻 249番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻249番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 249番歌

第3巻
歌番号 249番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 柿本朝臣人麻呂覊旅歌八首
原文 三津埼 浪矣恐 隠江乃 舟公宣奴嶋尓
訓読 御津の崎波を畏み隠江の舟公宣奴嶋尓
かな みつのさき なみをかしこみ こもりえの ******
英語(ローマ字) MITSUNOSAKI NAMIWOKASHIKOMI KOMORIENO ******
御津の崎で波が荒いので入り江に隠(こも)っていたが、(波が静まったので)船長(ふながしら)が出港と告げた。
左注
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、羈旅、難訓、大阪、地名
タイトルとURLをコピーしました