万葉集 第3巻 337番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻337番歌はこちらにまとめました。

第3巻 337番歌

第3巻
歌番号 337番歌
作者 山上憶良
題詞 山上憶良臣罷宴歌一首
原文 憶良等者 今者将罷 子将哭 其彼母毛 吾乎将待曽
訓読 憶良らは今は罷らむ子泣くらむそれその母も我を待つらむぞ
かな おくららは いまはまからむ こなくらむ それそのははも わをまつらむぞ
英語(ローマ字) OKURARAHA IMAHAMAKARAMU KONAKURAMU SORESONOHAHAMO WAWOMATSURAMUZO
憶良めはこれにて失礼します。孫とその母親も私を待っていましょうから。
左注
校異
用語 雑歌、作者:山上憶良、罷宴、太宰府、福岡、宴席、地名
タイトルとURLをコピーしました