万葉集 第3巻 292番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻292番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 292番歌

第3巻
歌番号 292番歌
作者 角麻呂
題詞 角麻呂歌四首
原文 久方乃 天之探女之 石船乃 泊師高津者 淺尓家留香裳
訓読 ひさかたの天の探女が岩船の泊てし高津はあせにけるかも
かな ひさかたの あまのさぐめが いはふねの はてしたかつは あせにけるかも
英語(ローマ字) HISAKATANO AMANOSAGUMEGA IHAFUNENO HATESHITAKATSUHA ASENIKERUKAMO
かっては探女(さぐめ)等の神々を乗せた岩船が停泊できるほど大きく深かった高津も、いまでは浅瀬になってしまったなあ。
左注
校異
用語 雑歌、作者:角麻呂、羈旅、大阪、地名
タイトルとURLをコピーしました