万葉集 第3巻 336番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻336番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 336番歌

第3巻
歌番号336番歌
作者沙弥満誓
題詞沙弥満誓詠綿歌一首 [造筑紫觀音寺別當俗姓笠朝臣麻呂也]
原文白縫 筑紫乃綿者 身箸而 未者<伎>袮杼 暖所見
訓読しらぬひ筑紫の綿は身に付けていまだは着ねど暖けく見ゆ
かなしらぬひ つくしのわたは みにつけて いまだはきねど あたたけくみゆ
英語(ローマ字)SHIRANUHI TSUKUSHINOWATAHA MINITSUKETE IMADAHAKINEDO ATATAKEKUMIYU
筑紫の綿は着てみたことはないが暖かそうに見える。
左注
校異妓 伎 [類][古][紀]
用語雑歌、作者:沙弥満誓、笠麻呂、太宰府、福岡、枕詞、地名、比喩
タイトルとURLをコピーしました