万葉集 第3巻 378番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻378番歌はこちらにまとめました。

第3巻 378番歌

第3巻
歌番号378番歌
作者山部赤人
題詞山部宿祢赤人詠故太上大臣藤原家之山池歌一首
原文昔者之 舊堤者 年深 池之瀲尓 水草生家里
訓読いにしへの古き堤は年深み池の渚に水草生ひにけり
かないにしへの ふるきつつみは としふかみ いけのなぎさに みくさおひにけり
英語(ローマ字)INISHIHENO FURUKITSUTSUMIHA TOSHIFUKAMI IKENONAGISANI MIKUSAOHINIKERI
昔むかしの古い堤は年を重ね、池の渚には水草が生い繁っている。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(右書)] 歌 / 生 [紀] 生尓
用語雑歌、作者:山部赤人、不比等、奈良、植物、地名
タイトルとURLをコピーしました