万葉集 第3巻 277番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻277番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 277番歌

第3巻
歌番号 277番歌
作者 高市黒人
題詞 (高市連黒人覊旅歌八首)
原文 速来而母 見手益物乎 山背 高槻村 散去奚留鴨
訓読 早来ても見てましものを山背の高の槻群散りにけるかも
かな はやきても みてましものを やましろの たかのつきむら ちりにけるかも
英語(ローマ字) HAYAKITEMO MITEMASHIMONOWO YAMASHIRONO TAKANOTSUKIMURA CHIRINIKERUKAMO
もっと早く来て、見てみたかった、山背の多賀に。紅葉が美しい欅(けやき)の群落はもう散り敷いてしまった。
左注
校異
用語 雑歌、作者:高市黒人、羈旅、京都、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました