万葉集 第3巻 277番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻277番歌はこちらにまとめました。

第3巻 277番歌

第3巻
歌番号 277番歌
作者 高市黒人
題詞 (高市連黒人覊旅歌八首)
原文 速来而母 見手益物乎 山背 高槻村 散去奚留鴨
訓読 早来ても見てましものを山背の高の槻群散りにけるかも
かな はやきても みてましものを やましろの たかのつきむら ちりにけるかも
英語(ローマ字) HAYAKITEMO MITEMASHIMONOWO YAMASHIRONO TAKANOTSUKIMURA CHIRINIKERUKAMO
もっと早く来て、見てみたかった、山背の多賀に。紅葉が美しい欅(けやき)の群落はもう散り敷いてしまった。
左注
校異
用語 雑歌、作者:高市黒人、羈旅、京都、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました