万葉集 第3巻 334番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻334番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 334番歌

第3巻
歌番号334番歌
作者大伴旅人
題詞(帥大伴卿歌五首)
原文萱草 吾紐二付 香具山乃 故去之里乎 <忘>之為
訓読忘れ草我が紐に付く香具山の古りにし里を忘れむがため
かなわすれくさ わがひもにつく かぐやまの ふりにしさとを わすれむがため
英語(ローマ字)WASUREKUSA WAGAHIMONITSUKU KAGUYAMANO FURINISHISATOWO WASUREMUGATAME
私は忘れ草を着物の紐に付けている。香具山のある故郷を忘れないため。
左注
校異不忘 忘 [注釈]
用語雑歌、作者:大伴旅人、太宰府、福岡、望郷、地名
タイトルとURLをコピーしました