万葉集 第3巻 480番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻480番歌はこちらにまとめました。

第3巻 480番歌

第3巻
歌番号 480番歌
作者 大伴家持
題詞 ((十六年甲申春二月安積皇子薨之時内舎人大伴宿祢家持作歌六首)反歌)
原文 大伴之 名負靭帶而 萬代尓 憑之心 何所可将寄
訓読 大伴の名に負ふ靫帯びて万代に頼みし心いづくか寄せむ
かな おほともの なにおふゆきおびて よろづよに たのみしこころ いづくかよせむ
英語(ローマ字) OHOTOMONO NANIOFUYUKIOBITE YORODUYONI TANOMISHIKOKORO IDUKUKAYOSEMU
大伴の名に負う靫を帯びて末永く頼みにしていた我らは(皇子を亡くして)どこへ心を寄せたらいいのだろう。
左注 右三首三月廿四日作歌
校異 靭 [類](塙) 靫 / 歌 [西] 謌
用語 挽歌、作者:大伴家持、内舎人、安積皇子、天平16年3月24日、年紀
タイトルとURLをコピーしました