万葉集 第3巻 481番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻481番歌はこちらにまとめました。

第3巻 481番歌

第3巻
歌番号 481番歌
作者 高橋虫麻呂(高橋)
題詞 悲傷死妻高橋朝臣作歌一首[并短歌]
原文 白細之 袖指可倍弖 靡寐 吾黒髪乃 真白髪尓 成極 新世尓 共将有跡 玉緒乃 不絶射妹跡 結而石 事者不果 思有之 心者不遂 白妙之 手本矣別 丹杵火尓之 家従裳出而 緑兒乃 哭乎毛置而 朝霧 髣髴為乍 山代乃 相樂山乃 山際 徃過奴礼婆 将云為便 将為便不知 吾妹子跡 左宿之妻屋尓 朝庭 出立偲 夕尓波 入居嘆<會> 腋<挾> 兒乃泣<毎> 雄自毛能 負見抱見 朝鳥之 啼耳哭管 雖戀 効矣無跡 辞不問 物尓波在跡 吾妹子之 入尓之山乎 因鹿跡叙念
訓読 白栲の 袖さし交へて 靡き寝し 我が黒髪の ま白髪に なりなむ極み 新世に ともにあらむと 玉の緒の 絶えじい妹と 結びてし ことは果たさず 思へりし 心は遂げず 白栲の 手本を別れ にきびにし 家ゆも出でて みどり子の 泣くをも置きて 朝霧の おほになりつつ 山背の 相楽山の 山の際に 行き過ぎぬれば 言はむすべ 為むすべ知らに 我妹子と さ寝し妻屋に 朝には 出で立ち偲ひ 夕には 入り居嘆かひ 脇ばさむ 子の泣くごとに 男じもの 負ひみ抱きみ 朝鳥の 哭のみ泣きつつ 恋ふれども 験をなみと 言とはぬ ものにはあれど 我妹子が 入りにし山を よすかとぞ思ふ
かな しろたへの そでさしかへて なびきねし わがくろかみの ましらかに なりなむきはみ あらたよに ともにあらむと たまのをの たえじいいもと むすびてし ことははたさず おもへりし こころはとげず しろたへの たもとをわかれ にきびにし いへゆもいでて みどりこの なくをもおきて あさぎりの おほになりつつ やましろの さがらかやまの やまのまに ゆきすぎぬれば いはむすべ せむすべしらに わぎもこと さねしつまやに あしたには いでたちしのひ ゆふへには いりゐなげかひ わきばさむ このなくごとに をとこじもの おひみむだきみ あさとりの ねのみなきつつ こふれども しるしをなみと こととはぬ ものにはあれど わぎもこが いりにしやまを よすかとぞおもふ
英語(ローマ字) SHIROTAHENO SODESASHIKAHETE NABIKINESHI WAGAKUROKAMINO MASHIRAKANI NARINAMUKIHAMI ARATAYONI TOMONIARAMUTO TAMANOWONO TAEJIIIMOTO MUSUBITESHI KOTOHAHATASAZU OMOHERISHI KOKOROHATOGEZU SHIROTAHENO TAMOTOWOWAKARE NIKIBINISHI IHEYUMOIDETE MIDORIKONO NAKUWOMOOKITE ASAGIRINO OHONINARITSUTSU YAMASHIRONO SAGARAKAYAMANO YAMANOMANI YUKISUGINUREBA IHAMUSUBE SEMUSUBESHIRANI WAGIMOKOTO SANESHITSUMAYANI ASHITANIHA IDETACHISHINOHI YUFUHENIHA IRIゐNAGEKAHI WAKIBASAMU KONONAKUGOTONI WOTOKOJIMONO OHIMIMUDAKIMI ASATORINO NENOMINAKITSUTSU KOFUREDOMO SHIRUSHIWONAMITO KOTOTOHANU MONONIHAAREDO WAGIMOKOGA IRINISHIYAMAWO YOSUKATOZOOMOFU
真っ白な袖を交わして寄り添って寝た妻。我が黒髪が真っ白になるまで次の世まで共に歩もうね。決して二人の仲が絶えないようにと、妻と誓い合ったのに。が、誓いは果たせず、心も遂げないまま、交わした袖から別れ、慣れ親しんだ家からも去っていってしまった。泣く幼子を置いて、朝霧が遠くかすんでいくように、山城(京都)の相楽山の山の向こうに行ってしまった。何を言ってよいら何をしてよいやら分からない。妻と一緒に寝た妻屋にいるばかり。朝には出て妻を偲び、夕方になると内に入って嘆き悲しむ。脇に抱えた幼子が泣くたびに、男らしくもなく、おぶったり抱いたりして泣けてきてしまう。妻恋しさに嘆いてもなんの甲斐もない。が、物言わぬ山ではあるが、妻が隠れてしまった山をよりどころにするしかない。
左注 (右三首七月廿日高橋朝臣作歌也 名字未審 但云奉膳之男子焉)
校異 舎 會 [紀] / 狭 挾 [紀][京] / 母 毎 [万葉考]
用語 挽歌、作者:高橋、古老、老麻呂、亡妻挽歌、京都、枕詞、地名、天平16年7月20日、年紀
タイトルとURLをコピーしました